憧れの槍ヶ岳へ、最短ルート

 北アルプス 槍平小屋  

トップページ   ご利用案内   周辺コース案内   入山口へのアクセス   よくあるご質問   ご予約・お問い合わせ



槍平小屋ニュース
(最新ルート情報も更新中)

最新登山道情報、日々の山小屋生活や、お得な宿泊情報も不定期に掲載しますので、ぜひチェックして下さい。

実測コースタイム
(登山者アンケートを集計)

ガイドブックには載らない、実際に登山道を歩いた登山者のコースタイムも掲載中。




  周辺コース案内(新穂高温泉登山口~槍平小屋)
 



標高1100mの新穂高登山口(バス停終点)。正面の建物は登山指導センター。ここで必ず登山届を提出。
写真右手の道、ロープウェー乗り場前を通り、右俣谷林道へ。



右俣谷林道入口。左手は有料の新穂高ロープウェー駐車場。



右俣谷林道は一般車両(タクシー含む)・バイクの進入禁止です。近年、原付バイクを持ち込む登山者が
見られますが、ルールを守って入山して下さい。



穂高平小屋(標高1350m)は牧場を目の前にした気持ちのよい場所にあります。
営業は不定期のため、要確認。



コンクリートの砂防ダムがある柳谷(標高1430m)



白出沢(標高1550m 右俣谷林道終点)。砂防工事用の道路へ入らないように注意。ここから登山道の始まりです。槍平、槍ヶ岳方面への登山道取り付き箇所は、沢を水平に横切ったところ(写真正面の林の中へ)。



チビ谷(標高1670m)。普段は涸れ沢ですが、大雨時には急な増水があるので注意。また、残雪時には間違って沢を登り詰める登山者がいます。登山道としての沢内の通過は標高差10m未満で、ほぼ水平と考えて下さい。



滝谷(標高1750m)。小屋営業期間中は仮設の橋があります。ただし、大雨時などには流出する場合もありますので、沢の増水時には無理な渡渉はせずに引き返して下さい。


滝谷避難小屋は滝谷左岸(新穂高寄り)にあります。


藤木九三の滝谷レリーフは滝谷右岸(槍平寄り)にあり、湧き水もあります。ここから南沢へかけてしばらく急な登りが続きます。



南沢(標高1900m)。この沢も普段は涸れ沢ですが、大雨時には増水する場合があります。無理な渡渉はしないようにして下さい。沢内の通過はほぼ水平移動です。残雪時に間違って沢を詰めて登らないように注意して下さい。



林の中に木道が出てきたら、まもなく槍平小屋です。